エルメスの高品質・高価格の背景

エルメスが生産する商品は、生産ラインにのって製作されるものだけでなく、VIPからの特注などを受けて製作される場合もあります。それが職人気質を捨てずに大切にするエルメスらしさですが、特注を受けた場合、打ち合わせなどにも時間がとられてしまうことで、さらに商品の生産が遅くなってしまうことが考えられます。現在のエルメスの人気を考えたとき、残念ながら、すべての注文に即座に応えられるだけの職人の数は到底確保できていないといった状況です。納品まで数年待つ必要があることも常態化してしまっています。

もちろん、エルメスはこのことをよいことだとは思っておらず、これを解決したいと思っているようです。実際、エルメスで働く職人の数は1989年当時、わずか300人だったそうですが、現在エルメスには2000人を超える職人がおり、さらに毎年200名の職人が採用されるといわれていて、職人を増やすことで多くの人の需要に応えようとしています。しかし、それでも多くの需要をさばききれてはいません。といっても、これを解決するために品質を落としたり、伝統を壊したりすることは本末転倒ですので、現在のところ、エルメスの高品質を求める姿勢は維持され、多くの需要は満たしきれぬまま、結果的に商品が高価格で推移してしまうという状況は続くだろうと見られています。

高価格であったとしても卓越した技術で製作された、職人の愛情がこもったオンリーワンのエルメス商品を手にしたい人は後を絶ちません。そこで、新品でなくてもいいから、エルメスの商品を手に入れたいと思う人が出てくるのは当然です。「エルメスは中古品の買取価格が高い」と言われるのも、こういった事情があるのです。